抜かないといけない歯がある

歯を抜かなければならない場合考えるべきことは、残っている歯をどのようにして失わないようにするかです。歯を失った場合の選択肢は入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つがありますが、ブリッジや入れ歯は残っている歯に負担がかかってしまいます。
しかし、インプラントは第二の予防と呼んでも過言ではないほど、残存歯に優しい治療方法なのです。

歯槽膿漏かもしれない

歯垢(プラーク)の中の歯周病菌によって、歯周組織に引き起こされる歯槽膿漏(歯周病)。
歯槽膿漏(歯周病)はかかっても、痛みなどの自覚症状はほとんどなく、症状の進行に気付きにくいです。
そのため、気付いた時にはすでに重症化しているといわれ、サイレント・ディジーズと呼ばれます。
腫れや出血、膿やグラつきなどが見られた場合、早めに受診しましょう。

歯がとても痛い

歯がとても痛む場合は歯槽膿漏(歯周病)の可能性があります。
歯槽膿漏(歯周病)菌は適切な処置によって予防や治療ができることがわかっています。
歯槽膿漏(歯周病)になると歯茎の炎症や出血などが見られる歯肉炎になり、それが悪化すると、歯周炎へと進行し、歯を支える顎の骨まで影響が及んでしまいます。

入れ歯に不満がある ブリッジに不満がある インプラントに不安を感じている

インプラントは補綴治療の第一選択肢として注目されています。
現在、歯を失った場合の治療法としてインプラントや入れ歯、ブリッジの3種類の治療法があります。そこで、インプラント治療を深く理解するため、ブリッジや入れ歯治療とインプラント治療を比較しながらご説明したいと思います。

ブリッジとインプラントについて

人工の歯(ブリッジ) 削られた健康な歯

ブリッジ
ブリッジは欠損歯が1、2本という比較的少ない場合に、両隣の健康な歯を削って支台として、橋をかけるようにして行う治療法です。健康な状態の歯を削ります。そして、欠損した部分を支えるため、歯の寿命は短くなります。
保険適用のブリッジは金属などが見えて審美性を気にする人もいます。見た目の良いセラミックを使用すると、インプラント以上に高額になることがほとんどです。
ブリッジは7、8年しか持ちませんので、再治療も必要になります。
インプラント治療なら

インプラントの場合には、欠損歯があった場所に埋入体を挿入し、自身の顎で直接固定して義歯を支えます。そのため、他の健康な歯を削る必要がなく、その歯だけを治療するということになります。

*

入れ歯とインプラントについて

痛い 不安定

入れ歯
入れ歯を入れていることで、硬くて痛いという思いや食べにくいということを気にしながら我慢をしている患者さんもいます。入れ歯は短期間で簡単に作ることができるというメリットがありますが、噛む時に口の中で不安定になりやすかったり、顎骨が痩せてしまったりという点でデメリットがあります。
インプラント治療なら

インプラントは自分の歯と同じように噛むことができ、食事の楽しみを取り戻せ、さらに、話しやすさというメリットもあります。笑顔に自信をもてるようになって、人生を楽しみも広がります。費用的にはインプラントは高価なものだといわれていますが、入れ歯では得られない快適さと口内の健康なども得るという点でも、インプラント治療は素晴らしい治療です。

*

インプラント治療について

*

インプラントにはブリッジや入れ歯にないメリットがあります。
前から歯が無くて困っていた、もう歯は長くもたないと言われたという場合、インプラント治療を検討しているという人も多いのではないでしょうか。
インプラント治療のメリットは認めるけれども、治療は不安という気持ちや怖いという思いがあるという場合、無料カウンセリングで気軽に相談できます。

インプラント手術に最適な設備を完備しており
より質の高い治療を提供できます。

万全な設備

インプラントの術前や術中は、生体情報モニターで、血圧や脈拍、酸素飽和度などが測定されます。治療は患者さんの状態を確認しながら行われますので、血圧が高くても安心して手術を受けられます。

インプラント手術後も症状により
適切な対応で患者様をサポートします。

手術後

手術後の痛みを心配する人も多くいます。痛みや腫れが大きく出ることはありませんが、インプラント手術は外科手術で、腫れが出ることはあります。炎症が強い人や、骨を割って大きく骨造成をする場合などです。その時もきちんと消炎鎮痛剤や抗生剤を服用し、早い段階で腫れが収まることがほとんどです。

インプラントの無料相談について

インプラント治療に関する不安や疑問などは、無料で行われるカウンセリングに相談してみると、不安なことなどを直接質問することができます。インプラント治療を考えている場合には、一度、カウンセリングに申し込まれることがおすすめです。

ほとんどの歯を失ってしまった

ほとんどの歯を失い、入れ歯を使用する場合がありますが、口の中で入れ歯がしっかりと固定されないことで、不便さを感じる方が少なくない、と言われています。
しかし、インプラントオーバーデンチャーという、総入れ歯に対して2本から4本の少ない数のインプラントを埋め込み、入れ歯全体を固定する治療法を行うことでこのような問題が解消されます。