IMPLANT
インプラントとは

インプラント

まず、歯を失った場合の選択肢は3つあります。
入れ歯、ブリッジ、そしてインプラントです。

それぞれにメリット、デメリット、
その人に適しているか否かあります。

当院では、基本的には歯を抜かない、歯を失わないための治療に注力していますが、
どうしても歯を抜かなければならない場合もあります。
その時に考えるべきなのは、残っている歯をどのようにして失わないようにするかです。


というのも、ブリッジや入れ歯は残っている歯に負担がかかります。
ブリッジであれば両側の歯を削る必要があります。入れ歯であれば、両側の歯にクラスプと呼ばれるバネをかける必要があります。そのように、本来ない力を加えるということはそれだけ負担がかかるということです。
ですので、インプラントは第二の予防と呼んでも過言ではないほど、残存歯に優しい治療方法なのです。s

インプラント治療とは

インプラントの構造

インプラント治療は人工のチタン埋入体を欠損歯の代わりに用いる治療で、人工歯根の上に義歯を設置し、まるで自分の歯のように噛める喜びを再び手に入れることができる歯科治療法です。
インプラント治療を受けることで、より健康的で過ごせ、笑顔に自信が持てるようになったという人も多く、入れ歯やブリッジ治療の欠点を補う治療法として注目されています。

インプラント治療のメリットとデメリットについて

インプラントは第三の歯と呼ばれます。

メリット
自分の歯とほとんど変わらない状態で噛むことができるというメリットがあります。インプラントは欠損歯の補綴治療として用いられる治療法で、一本から全部の歯まで対応でいます。
デメリット
インプラントのデメリットは外科的な処置が必要なことと、保険が適用されませんので、治療費は負担になります。

具体的なインプラントの治療について

隣接歯を1、2本失ったという場合
従来なら、両隣の歯を削って、ブリッジ治療が行われていました。健康な歯を削ったり、噛む際に、削られた歯に負担がかかって傷んできたり、歯根の無い歯茎が次第にやせてしまうといったデメリットがありました。

削られた健康な歯

インプラント治療なら
インプラント治療なら健康な歯を利用せず、欠損歯の場所に人工歯根を埋め込むので、他の歯は保てます。そのため、歯茎に噛む力がかかり、歯茎も健康です。
奥歯なども含め、複数の歯を失った場合
従来の治療法では部分入れ歯が用いられてきました。しかし、人工歯の固定のために、金属のバネで健康な歯に固定するため、金属バネを固定する健康な歯に負担がかかったり、違和感があったり、金属のバネが見えて、審美性がよくなかったりというデメリットがあり、金属バネに食べ物が詰まりやすいので、虫歯や口臭の原因になりやすかったりします。

金属のバネ

インプラント治療なら
インプラント治療なら、単独で処置されるため、健康なはをそのまま保てます。外観や機能が天然の歯と同じような感覚で使用できるので、違和感もほとんどなかったり、歯を支える力については健康な歯とほどんど変わらないといったメリットがあります。
全ての歯を失った場合
総入れ歯が用いられていましたが、入れ歯が口の中で不安定になりやすかったり、硬いものが噛みづらかったり、味が分かりにくいという点がデメリットといわれています。また、あごが痩せて、年老いて見えたりするというデメリットがあります。

不安定、噛みづらい

インプラント治療なら
インプラント治療なら、複数のインプラントを支えに、人工の歯の固定ができます。食べ物が挟まることがほとんどなく、天然の歯と変わらない感覚で噛めたり、天然の歯と同様の外観が保たれるため、年老いてみえることはないといえます。

インプラント治療の流れについて

  • 治療
    計画
    一人ひとり合った治療計画を提案します
    • レントゲンを用い、現在の状態を確認し、治療計画を立てていきます。
    • 続いて、検査・検診として、さらに虫歯や歯周病やデジタルレントゲンによる診査などをチェックしていきます。
    • その後、歯科用CTによる精密検査が行われ、顎骨の状態を検査します。インプラント治療に必要な検査が綿密に行われていくことになります。
    • これまでの検査に基づいて、それぞれの患者さんにあった治療計画が提案されます。患者さんの希望と専門家としての見解などをもとに、治療の概要や治療期間や治療費用に関しての説明を受けます。
  • インプラント
    手術
    難症例にも対応できる実績・技術で
    最良の治療を提供します
    • その後、インプラント手術が行われます。
    • 手術では粘膜を少し開いて埋入体を埋め入れます。無痛治療という静脈内鎮静法を用いて手術が行われるため、手術中の痛みや不安なく手術が受けられます。骨量が不足している場合には増骨手術が行われたりします。
    • インプラント体が身体がなじんだという判断後に、型どりが行われ、人工歯が製作されます。そして、上部構造を装着します。
    • インプラントの構造

      インプラントは、フィクスチャー(人工歯根)、アバットメント(連結部分)、上部構造(人工歯)の3部で構成されています。
      まずは、フィクスチャー(人工歯根)を顎の骨に埋め込む外科手術を行います。骨とインプラントが結合するのを待ち、その後上部構造を取り付けます。これがインプラントです。

近年注目されているインプラント治療は適している場合とそうでない場合があります。どのような場合にインプラントが適しているのかを知ることは大切です。また、インプラントと費用や手術後のメンテナンスについても知っておきましょう。

8020運動と認知症リスク

年齢を重ねるとともに歯を失う場合は増える傾向があります。
現在、日本の80歳の高齢者の方の平均残存歯数は約8本といわれ、これは北欧諸国の20本以上に比べると低い数字となっています。
そのため、8020運動が行われています。この運動は80歳になっても歯を20本の残すという取り組みです。
最近の研究では、歯を失うと認知症のリスクが高まるということもわかっています。健康な人では平均14.9本の残存歯があるのに、認知症の疑いのある人の場合は9.4本と明らかに少ないことが分かりました

残存歯の平均は、健康な方は14.9本に対し、認知症の疑いのある方は9.4本です。

これは、脳が刺激されにくくなって、脳の働きに影響を与えてしまうということなのです。

インプラントは顎骨の中に埋入体を直接埋め込む治療法ですので、顎骨の中の神経によって脳が刺激されるということが分かっています。そのため、認知症のリスクを低下させるというメリットがある治療法といえます。

インプラントが適している場合

インプラント治療が適している場合
周りの歯が健康で歯槽膿漏(歯周病)などに罹患しておらず、奥歯から抜ける場合やスポーツ活動中の怪我などで歯を失った場合などです。
また、総義歯が合わない場合などです。インプラント治療は、顎の骨がしっかりとしている場合に適しています。
そして、インプラントが最も適しているといわれるのが、怪我で抜けてしまった場合です。そのような場合は、骨が厚くて丈夫なので治療も成功しやすいのです。
インプラント治療が適していない場合
歯槽膿漏(歯周病)や糖尿病に罹患していたり、骨粗鬆症で、骨量が少ない場合には適していません。
また、未成年はまだ骨が成長途中なので、成人後にインプラント治療をする歯医者も多くいます。

つまり、歯が抜けて間もない頃で、顎骨がしっかりしているという場合、インプラント治療は向いています。顎骨がしっかりしていれば埋め込む埋入体の本数は問われません。
しかし、歯を失ってから時間が経過していると、顎の骨が少なくなってしまうのでインプラント治療は難しい場合があります。その場合は、骨造成を行って骨量を増やす治療が選択される場合もあります。

*

インプラント治療は外科手術ですので、外科手術の際には麻酔が使用されます。心疾患などがある場合は治療自体が行えないという場合もあります。麻酔に制限がある場合はインプラント治療を考え直す必要があると考える歯医者もいます。
インプラント治療を行う場合には、1本につきインプラント1本という基本があります。これは全国どこでも同様です。しかし、ケースによっては、欠損歯が1本でも、埋め込むインプラント体の本数が異なる場合もあります。

インプラントと費用

インプラント治療はとてもメリットがある治療法ですが、保険適用がありません。そのため、全額自己負担になります。顎の骨にインプラントを埋め込むために外科手術を行う必要がありますので、費用面で負担が大きな治療方法でもあります。そのため、治療費は高額になります。
しかし、インプラント治療は治療水準の高い治療法で、現在ではインプラントによって歯の根っこの部分から作ることができるようになりました。他の治療法では根っこの部分を作るということはできないのです。インプラントの素材も年々改良されており、メンテナンスをしっかりすることで一生歯の代わりをしてくれるというメリットがあります。

インプラント手術後のメンテナンス

セルフケアと歯医者でのメンテナンス

インプラントを長く使うために、日ごろのお手入れが何よりも大切です。
手入れをしっかりすることで、長期間使えますが、ケアを怠ってしまうと10年もしないうちに使えなくなるというのがインプラントです。歯槽膿漏(歯周病)の予防ができることで70%の確率でインプラントを守ることができるのです。 インプラント手術後には歯医者での定期的なクリーニングを受けることと、ご自身でのセルフケアが大切になります。
歯医者での定期メンテナンスでは、定期的な健診を受けることで、インプラントとご自身の歯の健康をチェックしてもらいましょう。
セルフケアでは、手術後は柔らかい歯ブラシを使用し、殺菌作用をもつジェルやマウスウオッシュ、歯間ブラシを利用して歯磨きを行いましょう。

インプラントは、自分の歯のように噛むことが出来ます。噛める幸せは、何事にも変えがたいものです。どのような人生を送りたいのかは人によって違いますが、料理を美味しく食べたい、健康でいたいと思う方には、インプラントは最適で価値のある治療方法です。
インプラント治療の無料カウンセリングが行われますので、電話で申し込みができます。無料カウンセリングでは治療について相談などもできます。